FC2ブログ
麻雀を中心としたやる夫系スレのまとめブログです。

やる夫の麻雀放浪記  第三部の原作との違いについて

3 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:41:18 ID:idJtyAj.


さて、今回も改変がかなり大きかったので、
以前ちょっとやったように原作はどんな感じなのか紹介してみたいと思います。

            、_    _
          <⌒ヽ ``v''´/-ーz._
          ∠⌒,`.-─----─- 、 `ゝ
        7´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ
       1 /:::::::: ̄``:ー--‐':´: ̄::::::::ヽ. !
       l ,'::::::::: ̄``:ー---‐:':´: ̄:::::::::i. l
        | {::: ̄ ̄`~ヽ::::::::: ,@"~ ̄ ̄:::} :|
      r‐、.}: :,,: ===、 : : : ,. === :、: :{ , ‐、
.      { f、|.!: :`゙==’ヲ  , ヾ;‘=='" 。 |.l'^i }
      ! L|| %',ニニ=',ゝ@ aく `=ニニ@、||う'リ
      ゝヽー-----‐ゝ_@ , 'ノー-----ーッ'人
      ノ ~ト`モェェ:ェ:ェ壬王E゙ェ:ェ:ェェラ´1~  ゝ
     / /!ヽ; : .    ____   。 . : :/ !\ ヽ
    ,ノ/  ! ヽ; : : .゚  ̄ ̄ . : : :'/ }   \.゙、
  ,. イ´     :|:、   `''ー-------‐'''´   ,イ    ヽ:、
''"´  l:.     ::| ヽ!            レ' ,|:.     :|.`''ー-
... .:..:.:.!::..:.:..: .:..:::ト、 \i、      ,ィ/ /.!::..: ..:..:. .:|:.:..:. .:
::..::::::::|:::::::::::.::::::::ト、\   `ヽイル1/´  /./|:::::.:::::::..:::|::::::.:::

まず、社長の兵藤。
彼は賭博黙示録カイジの設定を借りてしまったのでかなりの悪人のようになってますが、
原作ではここまで悪くはありません。



4 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:41:43 ID:idJtyAj.


やったことといえば、脱税と社員の退職金を金庫から盗んだくらいです。


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  「社長、チンチロリンで使っちまった金、
  |  l^l^lnー'´       |  退職金じゃないのかお?」
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /




          __、--..、、
       _<⌒ヽミヽ ヾ !'⌒≧_
        ,Z´r;=-‐- 、ヾ 〃′≦
      7,"/   __‐ 、`ー-'⌒ヾ.7
       ! l ー‐- 、ヽ._`ー'´, u !
       .l !!L、u __\  ̄ 〆"T
      l.r‐、ヽ 、‐。‐-、V/∠==、|
     ,' |.l´! | u`ミ≡7@ )゚=彡 !
     /,' l.l_|⊥%ニニソ(@ *; )ー-*|
    ,/〃',ゝ|/>rーrーrゞr<二二フ
  ∠ -:/ ト ヒ'土土土十┼┼ヲ;!     「うるさい黙っとれ!芽が出たら返してやる!」
 ̄:::l:::::::|、  !lヽ~U ~  __ ̄ ̄.ノl
::::::::l:::::::| \. ヽ.ll ヽ、 ___'/l/`iー-
::::::::l::::::::ト、. \ \. ll  ll  ll ll /:::::l:::::::
:::::::::l::::::::| \ \ `ヽ、 ll ll/!:::::::!::::::
::::::::::l::::::::|   \ \  /`ヽ'  |:::::::l::::::::
:::::::::::l::::::::|     \. `/  /   |:::::::l::::::::


5 :名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 14:42:37 ID:JH2F0hHk
これはこれでひどいwww



6 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:42:51 ID:idJtyAj.


第三部のヒロイン井上織姫は、原作では社長の妾という立場です。


           ,. -─‐-、__ト,ハ//: . /
        ,. :'´: . : . : . : . : . : .`丶、:/ ' ,:ニ=-
       / : . : . : . : . : . : . : . : . : . \/_
     /: . :/: . :/: ./!: . : .\、: . ヽ: .`,⌒`
     ./: .../: . : ./: ./   !: . : . : ヾ: . : ',: ..i
     ' : l/:/: . :/: /   '、: ヽ: ヽ:゙i: . : l:.ノ!、
    |: . |:,': . ;.イ:/  ,. -- \; ヽ*|: . :|ノイハ
    |: . |!: ./`7゙  ´ r 、,...,,_ `ヽ,ミ;:ヘ: |イi:.|:|
    ヽ: .{://ふ     ´ {:ヒか,  !゙く }:.|イ、ソ
     ヾ、!゙' ヒリ    、 v_;ソ!   レ/: |: |´
       l `´              rf: . :|:..|
        ',   、          / |/: ..|: .|
        \   ¬    /  !.: .:|: . |
          |`ヽ、    , イ   |: . ハ: ..|
         |: . : .l`7ヘ:.:.   ィ,': .∧`,:..|
         |: l: . |.ゝ'´!:  / /: ./ ヽ',::',
         |. |:.. |  ハ/  /: ./     ヾ、
         /!:.l: .,!  /.ン  /: ./      ヽ
        .! |: ./  |/   /: ./         ヽ
         | |/  ///  ;l.:l:/         ヽ
         .| ノ  /  / トソ           ヽ


社長のお使いで妾の家に届け物をしに行ったやる夫は、
彼女に一目惚れします。


           ______
          (⊂二二二⊃)
             ̄ ̄ ̄ ̄
            ____
           /_ノ ' ヽ_\
         /(≡)   (≡)\
        / /// (__人__) /// ヽ
        .|     |r┬-|     |        「社長の妾?関係ねーお!
     __\    `ー'´   /__      そんなん寝取ってやるお!」
    /YYYY /  _ノ(ξ)、_ \YYYYY\
   .|YYYYYY(__/  \__)YYYYYY|
    ∨      {      }      ∨
           {       }
           {      }
           ヽ   |  /
            ヽ  |  /
             ∪ ∪



7 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:43:30 ID:idJtyAj.


彼女は兵藤から預かった金を使いこみ、
亡くなった家族の墓を建ててしまいます。


                           /                      ヽ
                       /                           i
                           l                / 八      l
                        l   ll !/    ,  ´   /∨ `ヽVハハ   |
                         |   |l !l          イl  /     Ⅵl l   l
                         |   |l !l /// /  j l l/     `Y |  l
                       l    l川/// /‐-  {N/ , --‐'´  レ1 l
                           l    lV仏厶,≦ニ示ミ     ,イ圷トミ、 川 |
                        l l lN   〈{ ト-少'      し':リ   レN イ
                          l l l |    `´-        `ニ -  小リ l   「社長にばれる前に、
                        | lハl  J                 ル'  |    こっそりお金を稼ぐことは
                        | , l川              }     ,小  l     できないでしょうか?」
                       ノ l | l l \        、 jノ     / | l  |
           , -=ニ二 ̄>'⌒ヽ.__} l | l小.  \     __,. _     イ l |  |
             // ̄`¬=ン´ ̄\   ! | l l l        ー- ‐'′ /イ  l l  j ̄`ヽ、
          //    ィ彡'7     }-‐'´ ! lハハ\   丶、    // |   l l イ    l
            〃  ,ィ彡'  /     {  /|l !! 八 ヾ    `ーイ/   l  l l l       l
        /′/, -‐ 7      `T´  |l从{ ハ  `ー仁lノ'´/       l  l l |    ¦
        {{//   /       イ   j|  ∨ i|     ノノ /}      l  l l |     |
       //      {         }   j}   } |    { { //      |   l l |      |


彼女はそうやる夫に相談します。


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    「それならやる夫と組むお!
  |     |r┬-|       |  /     サインを教えるから、織姫ちゃんの家で麻雀打った時
  \     ` ー'´     //       敵の聴牌を教えて欲しいお!」
  / __        /
  (___)      /


結局織姫が役に立つことはほとんど無かったですけどね。



8 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:44:05 ID:idJtyAj.


ちなみに、原作ではこの時無理矢理押し倒して肉体関係を結ぶわけですが
このスレでは勿論そんなことさせません。
第一部でも第二部でもそういう部分はカットしたんで、当然ここでもカットです。


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ



9 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:44:30 ID:idJtyAj.


やる夫、カイジ、兵藤、竜崎の勝負ですが、
メンバーはそのままですが、原作では舞台は妾である織姫の家で行っています。
勝負回数は決めてません。

やる夫がバイニンということも、カイジがバイニンの息子であるということも、兵藤はまだ知りません。
原作では鎌田(竜崎)は別に探偵じゃないですしね。

ここでやる夫はかなりの苦戦を強いられ、金が尽きかけます。
そこでトイレに行く振りして別室の織姫の部屋に行き……


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   「織姫ちゃん。社長から預かってる金はどこだお?」
 \      ` ⌒´   /





                           /                      ヽ
                       /                           i
                           l                / 八      l
                        l   ll !/    ,  ´   /∨ `ヽVハハ   |
                         |   |l !l          イl  /     Ⅵl l   l
                         |   |l !l /// /  j l l/     `Y |  l
                       l    l川/// /‐-  {N/ , --‐'´  レ1 l
                           l    lV仏厶,≦ニ示ミ     ,イ圷トミ、 川 |
                        l l lN   〈{ ト-少'      し':リ   レN イ
                          l l l |    `´-        `ニ -  小リ l
                        | lハl  J                 ル'  |
                        | , l川              }     ,小  l   「このリュックの中ですけど……」
                       ノ l | l l \        、 jノ     / | l  |
           , -=ニ二 ̄>'⌒ヽ.__} l | l小.  \     __,. _     イ l |  |
             // ̄`¬=ン´ ̄\   ! | l l l        ー- ‐'′ /イ  l l  j ̄`ヽ、
          //    ィ彡'7     }-‐'´ ! lハハ\   丶、    // |   l l イ    l
            〃  ,ィ彡'  /     {  /|l !! 八 ヾ    `ーイ/   l  l l l       l
        /′/, -‐ 7      `T´  |l从{ ハ  `ー仁lノ'´/       l  l l |    ¦
        {{//   /       イ   j|  ∨ i|     ノノ /}      l  l l |     |
       //      {         }   j}   } |    { { //      |   l l |      |



10 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:44:53 ID:idJtyAj.


やる夫はリュックをおもむろに開けると札束を奪います。

                      __ _____
                    '"´        `ヽ、
                  /            ヽ
                     //           ',
                 /  /,' //   /} ∧  ヽ
                 ,′  ! l }/ {// 〃  ヽ  ! !
                  {  j { {仏厶-‐ '/' ` ‐- Ⅵ !
                 | 丨 Vノ ォf扞ト    扞刈 }}i |
                } l |  | {{'ゞ='    ゞ='” 川 }
                 {ijii {  l            ハレ'′
                ハ!! i  !!、     '    ./小!    「…………!な、なにを!?」
                 トN !! iiトN、   ´`  ,/ノ { {!
                 川 }} j}! }i| `丶 _ イ }'  ! |
                ノハルンノj刈` ‐- 、_,√} {!  i¦
             / ̄ `く辷=‐…ァ'    }} `くj__厶'´ ̄\
          , '      `ー…'"     《           ヽ
            /                   }}          `、






                         ____
                        /     \
                      /_ノ  ヽ、_   \
                     /(●)三(●))   .\   「ちょっと借りていくだけだお!
                     |   (__人__)      |    勝ったら君の使い込んだ分もまとめて
                     \ ヽ|r┬-| /   /     リュックに放り込んでおくから大丈夫だお!」
                     /   `ー'´      \



11 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:45:17 ID:idJtyAj.


しかしその後もやる夫はズルズルと負け続け……


                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\    「ま、また借りてくお……大丈夫……
                  |     ` ー'´  u   |     ちょっとツキだせばすぐ勝つから……
                  \  u   :::::     /      レートが高いからちょっと勝てばすぐ取り戻せるお……!」
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }


とこんな感じで女の金に頼るクズっぷりを発揮。



12 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:46:49 ID:idJtyAj.


ちなみにあがれそうであがれなかったカイジの四暗刻、原作ではやる夫の手でした。


        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。
    | 0 / /(__人__)'  0 |         (なんでこの手があがれないんだおー!?)
    \ / /  `― '     /

  ___________________________
 │八│八│八│④│④│④│ 2.│ 2.│ 2.│ 7.│ 7.│ 7.│ 9.│
 │萬│萬│萬│筒│筒│筒│索│索│索│索│索│索│索│


カイジ覚醒のために一度カイジをどん底に落としておきたかったので、
改変してカイジの手にしてしまいましたけどね。



13 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:47:13 ID:idJtyAj.


さらに言えば、カイジのミスに突っ込んで精神的ダメージを与えたのは
竜崎では無くてやる夫でした。


           ____
  .ni 7     /⌒  ⌒\
l^l | | l ,/)   / ( ゚ )  (。 ) \      n      「なんでカンするの?お前馬鹿じゃねーの?」
', U ! レ' / / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  l^l.| | /)
/    〈 |       ヘ  /      |   | U レ'//)   (よっしゃ!落ち込んで死ねカイジ!)
     ヽっ     ` ⌒´    /  ノ    /
 /´ ̄ ̄ ノ           \rニ     |
                      `ヽ   l




 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''-'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ



14 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:47:57 ID:idJtyAj.


スレではカットしましたが、竜崎は原作ではドラのすりかえをやっていました。
今回かなり長くなってしまったので、その部分は削ってしまいましたけどね。


      /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:::.:.:.\
     /,.:::::.:.:::∧::ト:::::::::::::::::::::.:.ヽ
     ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::|
      /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|
.       ´/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::|
.       |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|:::::l
       !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l    「待て!その手を開いてみろ!」
       └'に二..つ .::::,.:イ: :::::::::::l
         ',  ━  .:::/.:/::::::::::::::::l
.        ∧  .:::/ .:/:::::::::/\:::l
.         /.:.::ヽ.:ィ゙_,, ィ/:::::::// >l
.      イ.:.::::xf='´  /::::// /::`
      /.::://| _,.=7:// /::::::::




            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ    「なんです?私が何かしたとでも?」
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ


15 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:48:21 ID:idJtyAj.


┏━━━━━━━━━━━━━━
┃その手の中には何も無かった。
┗━━━━━━━━━━━───

 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ    「そ、そんな……さっきは確かに……
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ     俺は見たんだ……!緑一色の時も今も、
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ    ドラのすりかえをやっているのを……!」
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''-'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/         「御用だといったって証拠がなくちゃ、逆にお前がはじかれるだけだお……
|       (__人__) l;;,´|           まぁ、女みたいな真似はよせお。やられてるな、と思ったら
./      ∩ ノ)━・'/           竜崎の山の時は自分で手を伸ばしてドラをめくっちまうことだお……」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



16 :名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 14:48:35 ID:/Ln9k1f2
新スレ乙です!
やる夫ひどすぎるwwww


17 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:48:44 ID:idJtyAj.


  ∠           ヽ
  /   ./|,       |
 // 、/|/:::::ヽ|ハ>     .|
 /  /X\:::ij:::/X 」、   .|
 |/l/l .~"'。'、ij`''。"~, ||~ヽ |
    l`) r-/u.`=u´ ||  |  ヽ、         「くそっ……!わかったよ!何やってもかまわねぇさ……!
.    l `´/ _┐ ij  .||_ノ  _ ヽ、        でも俺は、インチキやるのは弱い奴だって信じてる……!
.   /l iェェェェココ  /l   .lヽ  ̄""''''―--    俺に勝っても、自分が強いだなんて思うなよ……!」
--"゛~'、lェェェェェェノ/ l   .! ヽ ̄""''''―--
.-‐''"゛゛/ヽ ≡ /  .l,  ,'   ヽ
    /l / ヽ/    .l /    ヽ
   / l /  |      .l/|    /ヽ




::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ              「アホ!強いも弱いもあるかお!ただ勝ちゃいいんだお!
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶             博打ってのはそういうもんだお!
::::::::::::::.... ..::ノ      .)             それが嫌なら博打に手を出すんじゃねーお!」
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


原作ではやる夫は、かなり厳しくカイジにあたってます。



18 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:49:11 ID:idJtyAj.


その後もやる夫は金を借りようとしますが……


                           /                      ヽ
                       /                           i
                           l                / 八      l
                        l   ll !/    ,  ´   /∨ `ヽVハハ   |
                         |   |l !l          イl  /     Ⅵl l   l
                         |   |l !l /// /  j l l/     `Y |  l
                       l    l川/// /‐-  {N/ , --‐'´  レ1 l
                           l    lV仏厶,≦ニ示ミ     ,イ圷トミ、 川 |
                        l l lN   〈{ ト-少'      し':リ   レN イ
                          l l l |    `´-        `ニ -  小リ l
                        | lハl  J                 ル'  |
                        | , l川              }     ,小  l
                       ノ l | l l \        、 jノ     / | l  |    「もう駄目よ……きりが無いわ。
           , -=ニ二 ̄>'⌒ヽ.__} l | l小.  \     __,. _     イ l |  |     このリュックがある限りあなたは
             // ̄`¬=ン´ ̄\   ! | l l l        ー- ‐'′ /イ  l l  j ̄`ヽ、 勝てないわよ。」
          //    ィ彡'7     }-‐'´ ! lハハ\   丶、    // |   l l イ    l
            〃  ,ィ彡'  /     {  /|l !! 八 ヾ    `ーイ/   l  l l l       l
        /′/, -‐ 7      `T´  |l从{ ハ  `ー仁lノ'´/       l  l l |    ¦
        {{//   /       イ   j|  ∨ i|     ノノ /}      l  l l |     |
       //      {         }   j}   } |    { { //      |   l l |      |


19 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:49:35 ID:idJtyAj.


           /        /     // //  ∧      、  、  ヽ
           /         /   // /〃 //  / ',ヽ      i    i i   ',
         /     ,'  //  /,' /!/! ,' ,'  /  ', i   i   | i  | |   ',
         /      i/ /!,' /! i /| i| i /  ./     ',ヽ   ト、 i |  | |   i
        ,'  i    レ'/|/! //| | / | | ハ! /     ', i   | i   | |  | !    i
         i  |    |彡イ/ i/ | | | |/! |│/        ', i ト、!  | |  |     .}
        |  ||  r〈〉彡|| / | | |  |!/ ∨       ヽ| | ||  | |  |f!   ,'
        i  | |  `rトく彳| ├‐|├─-----、     ,,__,iト!_|i_! /!|  r'っ  !
        ', i |   `'`!| |ハ/_,-ヽ!, ニ二_ヾ      '-'ニヽ、 レ′! /∨  i
         i  |   | |  ,//てノ:::} `       'イノ`ヾ,ヽ  | / /   ,'
         ! |   | |   '、,,_ヽ__,ノ_          {´:::::l ゞ /イ /   i
          ! |!   | |     ̄           `ー '- '  //! |/  /
            ! |i   | |                      // |   ,'
            ∨i   | !              i        /!| /  /
           | i   | .!\              - ノ        / i| i'  !
           | |   | | \                    , イ ||   |   「だって、あなたは何も賭けてないんですもの。
           |  i   .| | 川 `ヽ、     -===‐     , イ  || |   |   私にはよくわからないけど、賭け事って
              |  i  | ||i川   `ヽ、          , イi  |  || |   |!   そういうものじゃないの?
           |  |   | |ノ八     `ヽ 、,_, ‐'´/ト,! i | | | |   ,'|    リュックなんか無いつもりでおやりなさいな」
           |  ヽ  | レ'!. \         / i \ | | ||   i |
            | /∧i | | |   \_     _/  |  `ヽ、 i |   | |
            _レ''´ | | | |     ` ><´    |    `ヽ!   |ヽ!
        ,、- '´    | | | |   ,、-' 「 r==、 ト、   |      |   ト、 |
    _,、- '´       | | | | , -''´//! |レ i| ト、 \ /       |  | `ヽ、
   /、   ヽ、     | | | /く./ / | L_ノ ト、\ \      |  |    `ヽ、
  /   `ヽ 、  ヽ!     | | |く`⌒ヽ./  !   ノ ヽ\、〈ヽ、    |  .|/   ,-‐ ヽ
 ,'      \ ヽ    || | \    ./`ーハ´\   ヽ /    |  |//      |
 i        ヽ ヽ   || | /\  //  / ヽ \ /      | |       |



20 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:49:59 ID:idJtyAj.


     ____
   /      \
  /         \     (そうかもしれねーお……やる夫は自分の金だけじゃなく、
/ U  _ノ    ヽ_  \     本当の地力も賭けの場に出さずに温存していたかもしれねーお……)
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     (ばれて、総殴りの目にあってもいいじゃねーかお!
/    (●)  (●) \     なんでイカサマを使わないんだお?
|  U    (__人__)    |     二度振り、オール伏せ牌でもできる技はあるはずだお!)
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      (それもやらずに小手先だけの常識麻雀をやっていて、
 /  (●)  (●)  \     負ければ他人の金を出すんじゃあまりに虫が良すぎるお……!
 |      (__人__)    |     そんなん、織姫ちゃんの言うとおり博打じゃねーお!)
 \      ` ⌒´   /



21 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:50:23 ID:idJtyAj.


ここからやる夫の反撃が……というところでカイジの金が尽きます。


      _.z;~ヾ~''~''z,
      >〃;''`'`゙゙゙`゙''"'"ヾ:、
     7 "/  二二二二´ヾ
     ;' "/   ー------‐' `、
    ;';"〈   ‐===、 ̄.,ッ::キ'
    ;'.,.=、ヽ   ,三三. `  ',.三.|
   ;' | r''|!|  `ニ=゚='〉@ 〈=゚='|
    ;"| <_|i| @,...二ノ(.  @)こ.|
  ,〃;ヾニli! ヾ、ー―( g i )‐┴ッ         「おいおい。冗談言ってもらっちゃ困るよ……
_,,ノ 彡/::ヽ,ハ.  ヾヨヨョョョョョョヨヲi!ヽ          大企業のお坊ちゃんがこの程度で
-‐'''"/::::::::| :!iヽ.  。  ===  /:}~"''‐- ..._      ハコテンになるわけがないだろう……」
::::::::::|::::::::::ト、 !i \,.,,..,,,..,,.,,..ノ リ::|::::::::......
:::::::::|::::::::::|..:.ヾ ゙; !i; !i; !i; !i;/::::|:::::::::::::::
::::::::|::::::::::|..:..:..ヾ!i; !i; !i; !i; ;:/::::::|::::::::::::::
:::::::|::::::::::|..:..:..:..:.ヾ!i; !i; !i; ;/:::::::::|:::::::::::::
::::::|::::::::::|.:..:..:..:..:..:..ヾ!i; !i; ;'/|::::::::::::|:::::::::::




                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-
  ∠二__  ~`           ""'ー、
   , - ~                 ヽ
  , '  , ,                  ヽ
  / /, '                   `,
  i/ /          /|           'i
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          |
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       |
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |       「そ、それはその……」
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   |
      | !i .| <__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |       (やる夫め……厄介な嘘を……)
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | </ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |



22 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:50:47 ID:idJtyAj.



ここで終わっちゃやる夫としても困る。そこで……

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |   「それならやる夫がなんとかしますお」
  \      `ー'´     /




23 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:51:11 ID:idJtyAj.


          ____
        /\  /\ __
.     ./ .(ー)  (ー)'(_)( ゙ヽ    「バラライカさんかお?」
    /   ⌒(__人__)⌒ |.(  .',
    |      |r┬-|  ._|.(  ..ト-a‐-a,
     \     `ー'´ _(_)(.__.ノ      'a,,
    ノ            ̄/        "'a,
  /´            ./  ._/「i__「i  .ノ
 |    l          i   /      Y"
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  /       i
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (_______ノ
                                           ┏━┫___∧,、._______∧,、.______
                                           ┃□┃ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____∧,、____._______∧,、._______.┃88┃
 ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┗━┛

                                                 /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
                                                 Y .// / /  |:i    \、 i
                                                 /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
                                               r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
                                              ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
                                             i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
                                              /   i ハ  i /  i|`ー- |
                                              'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
                                              ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
                         「なんだ、やる夫か……      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
                          どうした?」           /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
                                          /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
                                        - ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
                                           /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
                                         / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
                                        /_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
                                        ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
                                        .:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ



24 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:51:35 ID:idJtyAj.


やる夫はバラライカに事情を説明します。


                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z孖彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((    「なるほど。
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )    朝までやって挽回できたら
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ      儲けの3割よこせ。
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ         それでどうだ?」
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::
                                           ┏━┫___∧,、._______∧,、.______
                                           ┃□┃ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____∧,、____._______∧,、._______.┃88┃
 ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┗━┛
                                                   ____
                                                 /⌒  ⌒\
                                                /( ●)  (●)\
                                              /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                              「わかりましたお!」    |     |r┬-|     |
                                              \      `ー'´     /



25 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:51:58 ID:idJtyAj.


ここでやる夫はまたもクズっぷりを発揮。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /-=・=- -=・=-\     「バラライカが、負け分を無条件で負担してくれるそうだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     その代わり、挽回できたら勝ち分の『7割』よこせって」
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /     (差額ゲットだお!)





      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ
     .! / l ,イ ./、.  \//   ! }   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.   「わかったよ……!それでこの場が収まるなら
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i    なんでもいい……!続行だ……!」
                 / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
              / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |



26 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:52:39 ID:idJtyAj.


金の心配が無くなって気が軽くなったのか、カイジがいきなりツキ出す。
再開していきなり、竜崎の第一打に……


        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |
     |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.| u.    | | u   / |.|_,ノヽ,          「ロン……!人和……!」
    /   ||   .!j ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
--‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.  ≡≡ u ./ |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ / u  .|.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\ .!j      /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |




            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、   U l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
       .l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !     「なっ……!?」
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



27 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:53:03 ID:idJtyAj.


そしてやる夫も竜崎から小四喜をあがり復活!


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |   「ロンだお!小四喜!」
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l




/::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
/::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
'::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
:/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::
::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
/!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::
/::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::
〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::
|!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::
::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::
 ゙i:::::l::::::l、   '              `ヽヽ                     リ::::::



ここからやる夫とカイジの快進撃が始まります。
その様子をノーカットで、原文そのまま写してみたいと思います。


28 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:53:39 ID:idJtyAj.



┌──────────────────────────────┐
│夜明けから午前中いっぱい、私と三井とで交代トップを取り続けた。   │
└──────────────────────────────┘



*私=やる夫、三井=カイジ*



これだけしかないんですよね……活躍の闘牌シーン、一切ないんです……
そんなわけで、原作そのままでやっちゃうと盛り上がりに欠けそうだったんで、
最後の勝負は色々と改変せざるをえなかったんです……



29 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:54:07 ID:idJtyAj.


勝負が終わるとやる夫はすぐさま織姫の部屋に行き……


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \  「は、早く!早くこのお金をリュックに入れるお!
     | ∪    (__人__)  J |   君が使った分も入ってるお!」
    \  u   `⌒´   /


しかしその様子を兵藤に見られます。


               __=`ヾヽ/〃‐=__
               彡          ミ
              Z /⌒''ー''"´⌒ヽ  ミ
                _〃 ヽ、.__ /⌒  __l  l
               |l \ヾー一 //´ l.  |
                 l' _ヽ` ̄´∠ __ |j 〉__ l
             {.ヾ ̄o>  <o ̄ フ u| h.l l
                i `三.( l! )ミ.三彡e,,| Fリ |
           ヾヽ|.e~( l! " )ヽ三.シ/リ‐′ ゝ         「き、貴様……!おかしいと思ったぞ!
               >、 ̄`_>r<_ ̄´_ <メ||`ヽ、_ ゝ         貴様はクビだ!いや、クビにはしない……
            7 |l工LLl⊥LLl工Lン´タ|l::::::::|... ̄ ``'' ‐-    合法的に殺してやる!
          _Z..|ltゝェェェェェェェェタ/.||::::::::|::::::::::::::::::::::::    わしが一声かければ……」
   /⌒l´\ ̄.......::::::| ヽ、~ ≡ 。U u /ll/|::::::::|:::::::::::::::::::::::
 / /⌒l、._):::::::::::::::|1 lll  ̄「「 ̄「「 ll / |::::::::|:::::::::,(⌒ヽ:::
.(  u /⌒l::::::::::::::::::::|::1 lll lll ll lll / /|::::::::|::::/(´\ \
 ヾヽ /⌒l:::::::::::::::::::::|::::Vl lll ll lll/ 〃|::::::::|::(._,(´\uヽ  )
  ヽ u イ ノ::::::::::::::::::::::|::::::| !ルリw,/   〃 |::::::::|::::::( \ ヽ  /


30 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:54:31 ID:idJtyAj.


    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i
  i.   ミミ( ○)    .|        「こっちでやめてやるお、大馬鹿野郎!
  \(_入_ノ      /         但し、リュックの金の件は警察や税務署に喋るお?」
    ノ__,,/,____/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|


そう言って家を飛び出すやる夫だが、後に続く足音が……


                      __ _____
                    '"´        `ヽ、
                  /            ヽ
                     //           ',
                 /  /,' //   /} ∧  ヽ
                 ,′  ! l }/ {// 〃  ヽ  ! !
                  {  j { {仏厶-‐ '/' ` ‐- Ⅵ !
                 | 丨 Vノ ォf扞ト    扞刈 }}i |
                } l |  | {{'ゞ='    ゞ='” 川 }
                 {ijii {  l            ハレ'′
                ハ!! i  !!、     '    ./小!
                 トN !! iiトN、   ´`  ,/ノ { {!
                 川 }} j}! }i| `丶 _ イ }'  ! |
                ノハルンノj刈` ‐- 、_,√} {!  i¦
             / ̄ `く辷=‐…ァ'    }} `くj__厶'´ ̄\
          , '      `ー…'"     《           ヽ
            /                   }}          `、




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \     織姫ちゃん……
  |  l^l^lnー'´    U  |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


31 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:54:54 ID:idJtyAj.


その後、やる夫は織姫と二人で暮らし始めます。
自分だけならどこで寝るのも構わないのですが、さすがに織姫にそんな暮らしはさせられないので
高級なホテルに泊まります。
見栄を張り、晩餐にはフルコース。当然金が尽きかけます。
仕方が無いのでバラライカの元へ……


           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、          「お前……
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \         私に分け前をよこしてないのに
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ        客を紹介しろって……
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、     都合良すぎないか?」
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /









         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::                 「そこをなんとか!
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::                お願いしますお!」
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



32 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:55:17 ID:idJtyAj.


                , -‐ '一テ──- 、 ' ´ ̄ ̄`ヽ、
               z<            ノ` <二 ヽ  \
          / ̄ ̄`      ´ ̄ ̄`丶     l 、 丶  \
          /                   `ヽ  l \ ヽ   ヽ
        /        ∧   zヘ             ∨   ! 、 .l   l
       /         /`    ´ |            ハ  |. l  |   l
.      /         /      |   l  |      |   | ! |   |
      '      ハ {       |   /|  ハ      |  / | |   !
      ! l    .T ト---     `ーナ T 7 ¬ |    | /   | |   |
      l |    | ,xzミ       / / , x Z、 | |    |' / | |   |
.       | ハ  l、 Ⅳら::ハ    レ  ' ん⌒心 /|   ,f'`l  / j   |
        |!  V | ゝ l  マzリ         V延::ソ`ノ  / | l. /  /    ',
      ゝ  \ ヽ'、ヽ`゛       ‐`二´'/  /  ∨イ   l     ',
           l` lノ///  ,       //// ム イ   ', |   ;     ',
    fヽ    / l三三   __         ,イ     ',  ,'       ',      「しょうがないなぁ……
     |  l    /   寸三  V:::::::ヽ       /: .|      ', {        ヽ      今回だけだからな!」
     !  |  /    | マ   ';.:::::.ノ    /:::   |      ハ ',    |   ヽ
.    l   l /       ! / \   ̄    イ::::     |       ', ヽ  .'、    ヘ
.    |  .l l    i  j l    ト ー‐ ヘ::::::::       |      |、  \  ヽ   ハ
.   ノ  ,'  |__  |  / |   λ/ ∠ハ       |      | \_  ヽ  }   l
   / -- '、/  j  | /  ,.斗 /  /   j        j  j    ハ   `> 、 l   |
  f´____} /  |'<´  /   /   ′     / /    / l         `>く
  l  ___ } ハ  |  /     /         / /  /  |
 ,′   ヾ l/ \ l /    /            / / /    '、





      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /



原作の金貸しさんはとっても優しかった!



33 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:55:41 ID:idJtyAj.


……と思ったがそんなことは無かったぜ!


                    ________
                      _ ´::::::::::::::::::::二二ヽ:::::\__
                    ,. ´::::::::::::::::二二ニ丶::::::::::::::::::::\
              /::ニ:::::::::::::::二二ニニ丶:::::::::::::::::::::::::ヽ
                  ///::::::::::一=ニニ:::::::::::::::::::::::::::::\:::::ハ
              /::/:::::::::―一=ニニ::::::::::::::::::::、::::ヽ::::::::!::::::|
            _,/::::::ニ二:::::::::::::::::::二二ニ=::::::::::|:::::::|:::::::|::::八
          /{:;:イ:X⌒ヾニ::::::::::=ニ二二::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::::::ハ
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――  ヾ:::::::::::::.::/
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ      「あんたが今日の相手だって?」
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/





       ______
     /:∪::─ニjjニ─ヾ
   /:::li|.:( ○)三 (○)\
  (:::||!.:∪::::: (__人__)):::: i|
    ):::::::::::::   |r┬-| li::::/
  /:::::::::::::::   `ー ' ::::::ヽ



34 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:56:10 ID:idJtyAj.


相手はヤクザ3人組で、イカサマ使い放題。
いや、目の前で牌の交換を行い、咎めようとしたら刃物を出すんだから
そんなものイカサマとも呼べないものです。
金を全て奪われ、支払いが足りないからと殴られました。



        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \     (あれはもう麻雀じゃないお……暴力だお……でも……
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    やる夫にヤクザを凌駕する力が無い以上、仕方が無いお……)
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \        (だって、博打ってものが元々暴力を変形したものだからだお……
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \       やる夫も今まで、変形の暴力で客をねじ伏せてきたんだから、
  |     (__人__)    |        こうなっても仕方が無いお……
  \     ` ⌒´     /         恨みっこ無しだお……弱い奴が負けるんだお……)



35 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 14:56:40 ID:idJtyAj.


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /      「もう宿泊ホテルの支払いもできねーお……
      r "     .r  /゚。       ごめんお……さよなら、織姫ちゃん……」
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"


結局やる夫は織姫の元に戻らず、彼女を捨てます。
彼女との生活は十日あまりしか持ちませんでした。

その後はやらない夫と会って揉めて、オプーナと会う……
この辺の流れは原作通りです。



原作だと、やる夫とオプーナのチンチロ勝負の様子も書かれてるんですけどね。
そこまで書くとすっきり終わらせることが出来なかったんでカットしちゃいました。


以上、原作の内容の紹介でした。



36 :名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 14:57:05 ID:JH2F0hHk
いろいろヒドすぎるwwww
あと、遅ればせながらスレ立て乙


37 :名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 15:02:27 ID:/Ln9k1f2
原作の殺伐さが酷すぎるwww
乙でした


38 :名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 15:05:20 ID:0Cfxxuzc
何だこれwww酷すぎるwww



39 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/16(日) 15:17:53 ID:idJtyAj.
原作は原作で、また良い味があるんでオススメです。
原作そのまま使うとやる夫が主人公っぽくないんで改変してますけどww

第四部もそれは同じで、そのままだとやる夫が全然目立たないんでやはり改変しないとなぁ、という感じ。
でも小説のタイトルが麻雀放浪記番外編なので、目立たないのは仕方ないんですけどね。


40 :名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 15:21:59 ID:.i9OhpX2
原作ひどすぎるw
でもこれはこれで面白いから良いなw


47 :名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 23:19:06 ID:Z0fpzWzg
やる夫が本当に主人公らしいのは第一部だけだよなあ。


48 :◆RYUU.nj4zk:2010/05/17(月) 00:49:40 ID:sIToLUyU
一応第二部でも結構頑張ってはいた、と思います。
初っ端シャブ中で登場という衝撃を除けば。

でもその辺の駄目さ加減がリアルというかなんというか。
現実ってのは甘くないよ、みたいな感じが出てて良いです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : やる夫系
ジャンル : その他

2012-11-11 : やる夫の麻雀放浪記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

メトロポリス

Author:メトロポリス
AAズレ対策にSaitamaarフォント採用!
麻雀はほとんどフリー雀荘一本。
ネット麻雀はずっとご無沙汰です。
かつての東風荘はほんの少し、
ハンゲーム麻雀はある程度の経験有り。
天鳳は一度もやったことがありません。
牌譜と観戦オンリーです。

最新記事

カテゴリ

やるやら麻雀ブログカウンター

アクセスカウンター 現在の閲覧者数:

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR